糖質を抑えて運動を毎日続けること!

本格的にダイエットを始めようと思い運動と食事改善を始めることにしました。

既にある脂肪を落とすためには運動は必須で、これ以上余計な脂肪を増やさないためには食事に気を付けようと思い、運動と食事改善をポイントにしました。

1.運動

運動は毎日お風呂に入る前に2つのことを行いました。

1つ目が腹筋で、連続30回行います。最初は苦しいようでしたら10回×3セットのように区切って休憩を入れながらでも構いません。

2つ目は踏み台昇降で、段差(一段)を登って降りるを10分繰り返します。家に階段があれば理想ですか、無い場合は乗っても壊れないくらいな小さな椅子などを使います。

この2つで合計15分くらいですが、運動後は汗をかくので、お風呂に入る前です。

2.食事

食事改善で変えたことは糖質を多く食べないことです。

代表的なのが米とパンで、朝食はパンを止めて野菜または野菜ジュースに変えました。夕飯は白米を食べたとしても茶碗一杯でおかわりはしません。

その代わりに、肉は糖質が低いので食べても問題ありません。

以上、糖質を抑えて運動をする。

これを2ヶ月続けて78キロ?71キロまで痩せることに成功しました。

大切なことは決めたことを毎日続けることです。今日はちょっと休憩はダメです!

2ヶ月が長ければ1ヶ月、それでも長ければ1週間。まずは続けてみて下さい。脱毛ラボの口コミ情報はこちらへ

糖質を抑えて運動を毎日続けること!

グルテンフリーダイエット

 今までさまざまなダイエット方法を試してきましたが、一番効果的だったのが食事から小麦の製品を取り除くグルテンフリーダイエットです。
 グルテンフリーは、小麦アレルギーを持つ人の体質改善方法として知られますが、ダイエットにも効果的です。しかし小麦はパンや麺、パスタ、スイーツ、菓子類、調味料、アルコール飲料など様々な食品の原料として幅広く使われており、これを抜くのはなかなか大変です。
 一般のスーパーでは、グルテンフリーの食材をちらほら見かけるようになりましたが、外国に比べ日本はまだまだグルテンフリーが普及していないと実感させられます。
 食事は基本的に米、肉、魚、野菜の組み合わせ。大好きなラーメンやピザは食べることができませんが、焼肉や寿司はOKです。パスタや麺類がどうしても食べたくなったら、ネットでグルテンフリーの食材を購入するようにしています。
 実際にグルテンフリーの生活を始めると、体重がどんどん減っていき、体調も改善しました。食事量は減っておらず、かえって前よりも食欲が増した気がします。小麦を使っていないアルコール飲料は飲んでいますが、今のところ太る気配はなさそうですフェイシャルで通っていますが、化粧のノリも変わってきています

グルテンフリーダイエット

どこからどのように発生?

暑い季節になりました。毎年毎年この季節我が家は虫に悩まされます。マンション一階ということもあり、ゴキブリ、蚊、そしてダニ。毎年一回家をこの時期の消毒してなんとか防ぐようにしています。今年はまだ消毒をしていませんが、ゴキブリさんにもまだ対面しておりません。最近大量発生するのがコバエ。コバエってどこから発生するのだろうと家族みんなで考えるほどです。とうとう今年は初のコバエ取りを購入しました。そうするとうそのようにこのコバエ取りが威力を発揮してくれました。置いたとたん次から次へとコバエが集まりました。ちょうど娘がリビングのテーブルで勉強をしていましたが、そのテーブルに置くと娘の周りにどんどんコバエが集まってきました。最初はなかなか中に入らないのですが、そのうち数匹が入り始め、気が付けばコバエがいっぱいコバエ取りに入っていました。コバエ取りすごい威力と家族みんなで感心しています。コバエ取りにコバエが入ると嬉しい今日この頃です。

どこからどのように発生?